GINのアニメ感想日記

わたくしGIN(ぎん)の独断と独断によるアニメ感想ブログです!

GINのアニメ感想日記

2019-07-01から1日間の記事一覧

いつだって僕らの恋は10センチだった。 総合評価

総合評価 講評 作画:悪くはないです。ただ、1話の作画ミスは気になります。それと全体的に中の上くらいの作画で、圧倒されるようなシーンは無かったです。ただ、細かな表情や、美術部の3人が描いた恋の絵はすごく魅力的でした。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第6話(最終回)「卒業、旅立ち、未来の色。」 感想

あらすじ&カット 進路も無事決まり、春輝達は晴れて卒業式を迎えた。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第5話「初雪、夢、涙の色。」 感想

あらすじ&カット 卒業制作も進まずアメリカ留学も辞退しようとしている春輝を心配した明智は、春輝の家に家庭訪問に行く。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第4話「留学、未来図、心の色。」 感想

あらすじ&カット 映画コンクールせ大賞を受賞した春輝はアメリカ留学を手にするが、美桜とすれ違いが続き進路のことも悩み始めてしまう。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第3話「秘密、孤独、夕暮れ色。」 感想

あらすじ&カット 自分の命の恩人が無くなっていたことを知った美桜。 自分がきっかけになったのではないかと自責の念に駆られた美桜は、塞ぎ込んでしまう。 一方、美桜の異変に気づいた春樹だったが、美桜に避けられてしまう。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第2話「夏、花火、恋の色。 」 感想

あらすじ&カット 春輝達から卒業制作の映画に使用する‘恋の絵’を描いてくれと頼まれた美桜・夏樹・あかり。 コンペで春樹が選ぶということで何エオ書くか悩む美桜だったが、夏樹に誘われて皆で夏祭りへ行くことに。

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第1話「春、初恋、桜色。」 感想

あらすじ&カット 桜丘高校の入学式。映画研究部の芹沢春輝と美術部の合田美桜は桜の樹の下で出会う。 いつの間にか一緒に下校するようになった2人は、高台の階段で他愛もない話をすることが大切な時間になっていた。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第0話「墓守と猫と魔術師」 感想

あらすじ&カット 時計塔の君主ロードのひとりであり現代魔術科の学部長、ロード・エルメロイⅡ世は今日も個性豊かな生徒たちに向け授業を行う。

異世界かるてっと 総合評価

総合評価 講評 作画:プチキャラなだけあって作画は安定していました。