GINのアニメ感想日記

わたくしGIN(ぎん)の独断と独断によるアニメ感想ブログです!

GINのアニメ感想日記

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第1話「春、初恋、桜色。」 感想

あらすじ&カット

 桜丘高校の入学式。映画研究部の芹沢春輝と美術部の合田美桜は桜の樹の下で出会う。

 いつの間にか一緒に下校するようになった2人は、高台の階段で他愛もない話をすることが大切な時間になっていた。

 

 周りには付き合っていると勘違いされているが、高校3年生になっても友達以上恋人未満の距離はなかなか縮まらなくて––。

f:id:gin1261:20190701120654j:plain

f:id:gin1261:20190701120659j:plain

f:id:gin1261:20190701120704j:plain

f:id:gin1261:20190701120709j:plain

©HoneyWorks/「僕10」製作委員会

感想

 めっちゃ好きな作品!

 でもひいき無しです!

 

 何も知らない人はちょっとテンポ感早いですよね。

 『告白予行練習』シリーズは音楽を原作としてるので、観てないとなかなかついていけないかもですが、それでも面白いので観てください!もちそこは減点ですが……。

 

 さて、春輝と美桜の出会いが描かれてましたね~

 

 前半は自己紹介的な内容でした。そこで映画部の雰囲気やそれぞれのキャラクターの感じがよくわかる作りでした!

 

 そんで後半、美桜と春輝付き合ってるように見えますよね~はよ付き合えよ!って思っちゃうw

 なかなかじれったいw

 

 春輝は美桜の独特の視点を尊敬してるのに美桜は自信を持たない。美桜がんばれー!

 

 2人の距離、あと10センチが縮まらない。縮まらないんですよね……。

f:id:gin1261:20190327183543j:plain

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第1話評価 ☆4.5

告白予行練習 (角川ビーンズ文庫) [ HoneyWorks ]

価格:626円
(2019/4/11 23:15時点)
感想(9件)

ご覧いただき、誠にありがとうございました!☆彡