GINのアニメ感想日記

わたくしGIN(ぎん)の独断と独断によるアニメ感想ブログです!

GINのアニメ感想日記

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第6話(最終回)「卒業、旅立ち、未来の色。」 感想

あらすじ&カット

 進路も無事決まり、春輝達は晴れて卒業式を迎えた。

 

 放課後、二人きりになった春輝と美桜は、本当は離れたくないというお互いの気持ちを隠しながら、高校生最後の時間を過ごす。

 一分、一秒、今この瞬間を絶対に忘れないようにーー。

f:id:gin1261:20190701122540j:plain

f:id:gin1261:20190701122545j:plain

f:id:gin1261:20190701122549j:plain

f:id:gin1261:20190701122553j:plain

©HoneyWorks/「僕10」製作委員会

感想

 卒業式です。

 

 2人で書いた黒板も美桜から春輝へ書かれた卒業アルバムの「帰ってくるな」に色々と感じさせられます。

 

 美桜のずっと待ってるっていう決意、春輝の美桜を笑顔にさせる映画を作るっていう決意、どちらも素晴らしいですよね。

 

 そして未来。美桜は先生に、夏樹は優と結婚、あかりは蒼太とカップルに。

 明智先生が教師になった理由が千秋。千秋、本当にかっこいい。

 

 そして春輝が帰ってきました!

 長く長く、本当に長く、お互いの決意を耐え抜いて、会えて、涙なしで観れません。

 

 本当の最後の最後、あの10センチが無くなります。

 ヤバい……泣ける……本当にすごい!

 

 最終回最高でした!

f:id:gin1261:20190327155505j:plain

いつだって僕らの恋は10センチだった。 第6話評価 ☆5

いつだって僕らの恋は10センチだった。 (角川つばさ文庫) [ HoneyWorks ]

価格:712円
(2019/4/12 21:50時点)
感想(1件)

ご覧いただき、誠にありがとうございました!☆彡