GINのアニメ感想日記

わたくしGIN(ぎん)の独断と独断によるアニメ感想ブログです!

GINのアニメ感想日記

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話「豚汁の味」 感想

あらすじ&カット

 小野寺和紗は、所属している文芸部で他の部員たちと本の朗読をしていた。

 今まで読んできた作品とは全く違う大人な世界に戸惑う和紗。

 

 そんなある日の昼休み、一同は部長のり香から好きな作家の新作情報を聞く。

 作品の話題で盛り上がる中、新菜が口を開く。

「私が死ぬまでにしたい事は……」

f:id:gin1261:20190710003320j:plain

f:id:gin1261:20190710003328j:plain

f:id:gin1261:20190710003335j:plain

f:id:gin1261:20190710003410j:plain

f:id:gin1261:20190710003424j:plain

f:id:gin1261:20190710003428j:plain

© 岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

感想

 OPにこんなに大々的にセリフ。

 これって初回だけですかね?

 どっちにしても斬新。

 

 評価に特に関係ありませんが、個人的にいいな〜って思いますハニワw

 

 文芸部って音読するんですか〜

 へ〜

 

 性についての談義が始まってますね〜

 

 甘美な汁ってw

 やめとけよw

 

 猿と豚の異種格闘技とかいうなw

 

 エロ文学ね〜

 それでそんなにそわそわしてるんですね〜

 

 いや、豚汁はないw

 

 新菜モテるんですね〜

 

 文芸部って掃き溜めって言われてるんですか?w

 

 り香完全に嫉妬してるw

 

 へ〜

 和紗の幼馴染めちゃくちゃモテてるんですね〜

 

 女子の嫉妬怖いw

 

 中学から周りの女子に嫌味言われてたんですか〜

 

 ぷ〜クスクスっていうんですかw

 アクアじゃんw

 

 和紗苦労してるんですね〜

 

 ひと葉何かしてる。

 なになに?めちゃくちゃ怪しい。

 甘美な汁?

 本当に怪しい。

 

 急に

 

 豚汁w

 タイムリーだな〜w

 

 あ、けんちん汁ですね〜

 

 そりゃまあお母さんですからね。

 処女な訳がない。

 

 泉の家ですか〜

 和紗的には気まずいですね〜

 

 さすが子供、とんでもないことしますね〜w

 

 泉のそれなりに気にしてるんですね〜

 

 確かに、バッチリ性に振り回されてますね〜

 

 LINEとかないのかw

 好きな作家の情報ならそんなんですぐ連絡できるのにw

 

 まあある種現代っ子の離脱としていいかもですね〜

 

 死ぬ前にやってみたいことですか〜

 

 なんか新菜すごいこと言い始めた。

 

 ハッキリ言いますね、新菜。

 

 なんかり香難しいこと言ってるw

 

 出し入れってな〜w

 

 とんでもないこと二つほど言いましたね。

 

 もうすぐ死ぬの?

 新菜。

 

 え、あ、そういうこと?

 いや、そういうことですか?

 怪しいですね〜

 

 部員全員が新菜の一言に動揺しちゃってますね〜

 

 り香やばいこと言ってますね。

 ギャルに言っちゃった〜

 こりゃもうまずいですね〜

 

 へ〜駿はり香を庇うんですね〜

 

 結局放課後全員集まらなかったんですか〜

 

 走れエロスじゃえーよw

 今までこう言った類に無知だったんですかね〜

 

 うわ、和紗奈落に落ちた。

 

 あ〜

 破れた瓜ねw

 

 あれ?出ない?

 怪しい……。

 

 なんの音楽?

 トレイントレイン?

 

 あ……。

 あ。

 あー。

 

 暑いな〜ってw

 

 これはまずいぞ〜

 きゅうり落としたw

 

 めちゃくちゃ混乱してるw

 まあ仕方ないな〜

 

 あらら〜

 こりゃ積んでんな〜和紗w

 

 入ったじゃないw

 

 何にないてるのw

 そんなに性について考えるのが嫌かw

 まあ、動物の時点でそれに関して考えるのは仕方ないことですからね〜

 

 にしても、男のあのシーンを放送した作品って今まだありました?

 とにかく斬新で面白いですね〜

f:id:gin1261:20190327155505j:plain

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話評価 ☆5

荒ぶる季節の乙女どもよ。7巻【電子書籍】[ 岡田麿里 ]

価格:454円
(2019/7/10 00:31時点)
感想(0件)

ご覧いただき、誠にありがとうございました!☆彡