GINのアニメ感想日記&アニメ情報局-G

わたくしGIN(ぎん)の独断と独断によるアニメ感想ブログとアニメ情報局-Gの公式サイトです!

GINのアニメ感想日記

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 総合評価

総合評価

講評

作画:全体的に不安定でした。やたらとラティナの目が大きかったり、逆に他のキャラが明らかに手抜きだったりと感心できないシーンが散見されました。特に序盤はラティナ以外のキャラの作画の不安定感がなかなかに酷かった印象です。ラティナの作画は終始不安定でした。

 

OP&ED:OPをラティナ、EDをデイルが歌うという形は非常によかったと思います。曲もOPはラティナらしい前向きで明るいメロディ、EDはデイルらしい少し間の抜けた感じの出ているコミカルチックなメロディでとてもよかったと思います。ただ、作品と合っていたかと言うと微妙でした。

 

音楽:特別悪くもなく良くもない感じでした。印象つけてくるようなものはあまりありませんでした。

 

シナリオ:展開がまあ早い事この上ない。ですが、たったワンクールの間にラティナという少女がしっかりと健やかに成長していく姿を描けていたのでよかったと思います。また、少女だから、子供だからこそ発揮できる癒しも良く出せる内容でした。ただし、全体的な話の内容として、展開の凹凸があまりなく、ファンタジーという観点で見ると物足りなさを感じざるを得ない内容でした。

 

演出及び個性等:色々な種族が入り混じる世界で、勇者である人間の青年と独り身であるである魔族の幼女の組み合わせはとても面白い個性だなと思いました。また、作品の後半のテーマでもある種族間の寿命による価値観や生き方の違いには、視聴者もなかなかに考えさせられることもあり、よかったと思います。

 

f:id:gin1261:20190927025039p:plain

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 総合得点内訳

f:id:gin1261:20190927025137p:plain

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 総合得点


一言

 とりあえず最終回まで不安定だった作画が完全崩壊しないでよかったです!

 

 今期の癒し枠は完全にこの作品だったのでロスする人ももしかしたら出るかもしれないですね〜

 まあ前期の仙狐さんに比べればあれですけどねw

 

 言ってしまえばこの作品は日常系ファンタジー。

 昨今のファンタジーと言ったら異世界転生、召喚まみれでアニメ化しても駄作になるなんてこともザラですから、こんな世の中で良く日常というジャンルに挑戦したな〜って素直に思いました!

 

 ぶっちゃけ2期はないと思います。

 ただ、日常系だとひょこりやる場合もあるので、今後も気に掛ける作品になるかもしれませんね〜。

ご覧いただき、誠にありがとうございました!☆彡